スキューバダイビング・海・プールに関する情報を分かりやすく提供していきます。

ダイビング・海・プール
   HOME>ダイビング快適法-管理人のダイビング体験談

スキューバダイビング

スキューバダイビングをしよう

スキューバダイビングとは?

スキューバの魅力

どうやってやるの?

何が必要?(Cカード情報)

体験してみよう!

いざマリンブルーへ


スキンダイビング

スキンダイビングをしよう

スキンダイビングとは?

魅力って何?

何が必要?


シュノーケリング

シュノーケリングをしよう

シュノーケリングとは?


ダイビング快適法-管理人のダイビング体験談

ダイビングにいくぞーーーー!!って決めたはいいけれど、ちゃんと快適にダイビングすることが出来るんだろうか・・・。

いろいろ不安なことがあると思います。それを少しでも解消できるように、聖のつたないダイビング経験からいくつかダイビングを快適に過ごすためのノウハウ(言いすぎかも・・・)を紹介したいと思います。

なーんて書くと、ちょっと偉そうだったりするんですが、ただ単に聖がおっちょこちょいってこともあって色々やっちゃってるんですよねぇーー。

なんで、それも交えながら書いてみました。らくーーーーに読んでみてください。


---ダイビング快適法コンテンツ---

まず一番辛いのは船酔い・・・(泣)

持ち物は出航前に必ずチェックしようね!

器材はコンパクトに片付けよう!

日焼け対策は絶対しよう!!

寝不足で潜っちゃダメダメ!



まず一番辛いのは船酔い・・・・(泣)


ダイビングで避けては通れないのが、船での移動。

もちろんビーチからそのまま始めるってことも多々あるんだけど、沖縄とか多分海外ではダイビングスポットまでは船で移動ってのがどうしても多くなるんですよねぇ。

聖は、昔から車酔いと船酔いがひどくて結構これには悩まされました・・・。


大学に入ってサークルでダイビングを始めた聖は、大学1年のときの夏休みにサークル合宿で初めて沖縄に潜りに行きました。

行ったのは沖縄の伊江島とケラマの座間味島でした。最初は伊江島に6日間くらい滞在したのかな、1日に2ダイブって感じで楽しい合宿の日々を過ごしました!!


って言いたいとこですが・・・・そう・・・船酔いにすっかりやられました・・・(泣)


初日の一発目のダイブのとき、ダイビングスポットに着くまでにすでにフラフラ・・・。
どうにかダイビングを始めたはいいけど、もちろん海の中も波の揺れがあるので、フワンフワンして

「うぅぅぅ・・・・(以下略w)」


ってなってたわけ。沖縄の海の透明度に感動する一方、そんな気分だったからもう何がなんだか・・・って感じだったなぁ・・・。

まぁそのあと船に戻って、

「はぁ・・・・終わった・・・」


って思ったのもつかの間、ものすごい気分悪くてうずくまっちゃいました。

そしたら段々体がしびれてきて・・・動けなくなりました・・・(泣)。

インストラクターの人や先輩にかかえられて船から降ろされて、2ダイブ目は休んで寝てました〜。

もぉ最低な沖縄ダイビングデビューでしたね(笑)・・・今は笑って話せるけど、当時は相当やばかったです。


まぁ、それからはそこまでではないけど、1年目は毎日船酔いに悩まされて相当疲れて帰ってきた覚えがあります。



夏のサークル合宿は毎年沖縄に行くって決まってたので、2年目には絶対どうにかしなくては!!!!!と心に誓った聖は、色々船酔いについて調べたりしました。

だからといってどれが本当に効くかわかんないし、薬を飲むのはダイビングにはあんまりよくないので、ん〜〜〜〜どうしよう・・・・?って悩んだもんでした。

そんで、調べた結果、ほとんどに共通してたのは、


「あごを動かす!」



ってことでした。そこで聖が実践した船酔い対策は、


● とりあえず船に乗ってる間はガムをひたすら噛む!!

● 人となんて話さないで、ひたすら大声で歌を歌う
   (船の音がうるさいから周りには聞こえませんw)

● 絶対に近くを見ないで、遠くを見るようにした

とりあえずお金もかからないような、単純な方法を試してみました。その結果は・・・・


「なんか調子・・・・いいじゃん♪♪」


だったんです!!!

そりゃ完全に克服ってほどではなかったですが、1年目より全然調子がよかったんです!

船に慣れただけなんじゃない??なんて言われたりもしたんだけど、試しに何にもしなかったらダメだった・・・・(笑)。

あ、あと自己暗示ってのもあるかもしれませんね。「これやってるんだから絶対酔わないんだぁぁ」って信じ込むのも効いていたのかもしれません。

とにかくこの3つのおかげで、私はとりあえず船酔いを克服(?)することが出来ました!よかったら参考にしてください!


ちなみに、ガムを本当にひたすら気合を入れて噛んでたんで、口周りが筋肉痛になりました・・・(泣)。

でも、顔痩せだと思えば、船酔いと顔痩せ、一石二鳥だったりして・・・・・♪

▲このページのトップへ



持ち物は出航前に必ずチェックしようね!


上でも書いたようにでも話したように、サークル合宿で沖縄に潜りにってた聖。

伊江島はひたすらダイビングってだけだったんだけど、座間味島は希望者だけってこともあって、ちょっとだけリゾート気分でダイビングを楽しんでいました。

なので、1ダイブ目が終わったら無人島に行ってビーチでお昼食べてそのまま2ダイブ目っていうこともありました。

つまり、朝出て行って、夕方まで宿とかには戻ってこないっていうコースですね。

はぃ・・・もちろんここでも私はやっちゃってます。


「あ〜〜!!マスクがないーーー!!」



出した覚えのないマスクが入ってないんですよ・・・・。あぁー・・・またやっちった・・・と思いながら、インストラクターにマスクを借りて潜ったんですけどね・・・・♪

ま、まぁ、立派な普通のダイバーさんはしっかりやってると思いますが、出航前にはダイビング器材のチェックをやりましょう・・・。

やっぱり自分の器材を使い込んでいると、他のを使うとなんかぁ・・・違う・・・なんてこともあると思うので。


周りから


「しっかりしてくれよぉぉー!」



ってペチペチ叩かれる聖・・・ちゃんと気をつけないといけませんね・・・。

ダイビング復活した際には必ず気をつけます・・・・(いつだよwww

▲このページのトップへ



器材はコンパクトに片付けよう!


これは聖の話じゃないんですけど(笑)、船の上って船自体がそんなに大きいものじゃない場合が多いので狭いんですよね。


人だけでもいっぱいなのにガサばる重器材、とびちる軽器材を乗せてるのでもぉいっぱいいっぱい。


それなのにーーーーーー!絶対ちらかす奴がいる・・・・。


特にダイビングが終わって器材を降ろした後がひどいひどい。

いててててっと思ったら誰かが降ろしたままのBCDとタンクが転がってたのにぶつけたとか、


「誰か私のマスク知らない〜〜〜??」
(注:聖じゃない!)


なんて騒ぎ出す子もいたりと、雑然としてしまうことが多かった気がします。

まぁ、一般のダイバーさんがいるダイビングでは結構気をつけて片付けたりするんですが、やっぱり中には辺り一面に自分の器材を広げてる〜って人もいるので、少なくとも自分はそんなことのないように気をつけたいですね。


あ、あと水に濡れちゃまずいものは船に乗せるのはやめましょうね?

普通のデジカメを持って行って濡らして泣きをみた後輩がいました(笑)
ご愁傷さま・・・・。

▲このページのトップへ



日焼け対策は絶対しよう!


沖縄や海外、特に南の島は、日本の本州などと比べて明らかに日差しがものすごいきっついです。

なんていうのかなぁ・・・もうジリジリを通り越しているような・・・。

あなたは日焼けしたらどうなる派ですか??調べてみると


● 赤くなるけど黒くならない

● 全く赤くならないけど、すぐに真っ黒になる

● 赤くなって、その後黒くなる



この3種類に分類することが出来るらしいです。

ちなみに聖は3番目なんですよね、典型的な・・・。しかも赤くなる度合いが人よりすごい!

どっかで書いたけど、元々水泳部だった聖ですが、もう本当に見事に赤くなって黒くなる・・・なんか損してるような・・・?

日焼けに関してもう少し知りたい人には日焼けについてをちょっと詳しく書いてみたので、そっちを参考にしてみてください!


そんな日差しの強い南の島に忘れちゃいけないのが、日焼け止め!!!

昔は日焼け止め効果が大きいと肌に負担がかかるものが多かったんですけど、最近は日焼け止め効果が大きくても負担が少ないっていう商品が増えてきました。

私にとってはうれしい限りです。


日焼け効果を維持するためには、必ずこまめに塗りなおす!!!


これはどこでも言われてることですが、これが一番の日焼け対策ですね。

海外などでは日焼け止めっていうか、日差しから皮膚を守るために塗るっていうイメージですね。

おそらく塗っても日焼けは免れないような気がするので・・・・。


あとはラッシュガードを着て常に日差しからガードするなど、いろいろな方法があると思います。


女性だけではなくて是非男性の方も気をつけてもらいたいと思います。大量の紫外線が体に言い訳はないので・・・・。間違っても焼きすぎて水ぶくれなど作らないように・・・・。


日焼け止めを塗って、それでも日焼けしてしまったら、その後のアフターケアは忘れないでくださいね。

いろいろな日焼け後のアフターケア用商品があると思いますが、日焼けはいわゆるヤケドの一種です。ひんやり冷やしてあげるのが一番効果的です。

化粧水を冷蔵庫に入れて冷やしたものを肌に塗ったときの気持ちよさはなんとも言えない感覚ですよね。

水分が不足している状態になっているので、充分全身の肌に水分を補給させてあげましょう!!


▲このページのトップへ



寝不足で潜っちゃダメダメ


ダイビング旅行に行って、初日からダイビングを始める人はいきなり早朝に起きなくてはいけなくなります。

飛行機乗って夜遅くついて早朝から・・・ってなるとどうしても寝不足になりがちですね。

寝不足でダイビングをすると、↑でも書いた船酔いをしやすくなったり、疲労がいっぱいたまっていたりすると減圧症の原因になったりする場合もあるそうです。


普段の生活でも寝不足だと辛いのに、ましてや海の中となると誰だって心配になってしまいますよね?


なので、移動に長時間かかる場合のダイビングなどは、初日、せめて早朝ダイビングは休むなどしてもいいかと思います。


あとは、それ以前からしっかり体調管理をして、前日は着いた興奮もあるだろうけどしっかりと睡眠をとることが重要です!!


寝不足だけど大丈夫!っていう油断が大きな事故の原因にもなりかねないので、しっかりと自分の体調は管理しましょう。

▲このページのトップへ



備えあれば憂いなしのお役立ちグッズを紹介します。


BBCシグナルフロート 定価 6,300円
価格 5,040円

普段はコンパクトに折りたため、レギュレーターから空気を入れると真っ直ぐになる棒状フロート。水面から自分の位置を知らせる際に使用します。



タンクバンカー
定価 1,680円
価格 1,512円

ゴムの輪にプラスチックをつけた物を通し、引っ張って離すとタンクに当たって音が鳴る仕組み。装着時には自分の手が届くかちゃんと確認しよう。



クエスト
オープン価格
価格 3,400円

磁石のついたペン先で表面をなぞると文字を書くことが出来る。横のバーを動かすと文字を消すことが出来るので何度でも使用可!バディーとの意思疎通に重宝します。



【TUSA】
IK-50水中ライト

定価 5,775円
価格 3,759円

洞窟を照らす用途以外にも、魚の色など、海に吸収されてしまった本来の色を再現するのに有効。透明度の悪いときにはお互いの位置確認にも使え、とっても便利。



シグナルミラー
定価2,310円
価格 1,925円

水面の上で太陽の光を反射させて、船や飛行機に自分の位置を知らせるのに役立つグッズ。有効距離は約2-4km。照射窓がついているので、狙いを定めやすいんです。



HUSE
アンフィーホーン

定価 10,290円
価格 8,232円

BCDのインフレーターホースと中圧ホースとの間に接続して使用します。タンクを開けてエアを通した状態でボタンを押すと大音量の音がなり、危険などを知らせることが出来ます。


Copyright(c) 2005 divediver All Rights Reserved
SEO [PR] 転職支援 冷え対策 オリンピック 掲示板 レンタルサーバー SEO