スキューバダイビング・海・プールに関する情報を分かりやすく提供していきます。

ダイビング・海・プール
   HOME>子供を海に慣れさせよう

子供と一緒にシュノーケリング

子供を海に慣れさせよう

しっかりした道具で準備しよう


スキューバダイビング

スキューバダイビングをしよう

スキューバダイビングとは?

スキューバの魅力

どうやってやるの?

何が必要?(Cカード情報)

体験してみよう!

いざマリンブルーへ


スキンダイビング

スキンダイビングをしよう

スキンダイビングとは?

魅力って何?

何が必要?


シュノーケリング

シュノーケリングをしよう

シュノーケリングとは?


子供を海に慣れさせよう

スキューバダイビングと違って、自分の力だけで泳いで自然の海の中に入っていくので、海をより身近に感じることが出来るシュノーケリング。気軽に家族みんなで出来るのが一番の利点ってところですね。

家族全員でスキューバダイビングってことになると、それなりの予算が必要になってくるし、講習も受けなくてはいけないので今すぐとはなかなか行かないですよね。その点シュノーケリングならば、家族みんなで海へ繰り出すだけで楽しい家族の思い出が出来るので、聖のおすすめNo1です!!

誰でも気軽に簡単に楽しめるシュノーケリングなんですけど、やっぱり思わぬ危険もあるんですよね。スキューバダイビングのように講習を受けなくても出来るんですが、その分、子供の保護者の方がしっかりと子供に海の危険を伝え、シュノーケリングの基本的な技術と楽しみ方を教えてあげるってことが必要になってくるんです

安全管理を施した上で、初めて家族全員で楽しめるっていうわけですね。

海を軽視すると思わぬ事故につながりますんで、この辺はしっかりと管理してくださいね。近年はシュノーケリング人口の増加にも関係し、シュノーケリングでの事故が増加傾向にあるようなので・・・。


それじゃ、まず何をすればいいの??

っていうことになってきますが、まずは、子供に無理強いをせずに、とにかく海に慣れさせることが必要です。海はプールとは違って「波」があるので、それだけでも印象が断然変わってきます。怖がってるからといって、無理に海に入れるスパルタは絶対ダメ!!

海、特に波に慣れてきたら、足のつくところでマスクをつけて、そのまま顔をつけて海の中を覗かせてみましょう。そうすることで、海の中を覗く感動を教えてあげてください。

次にシュノーケルをつけて呼吸に慣れさせてみましょう。意外と呼吸に違和感があると思うので、しばらく練習させてみることが必要かもしれませんね。落ち着いてゆっくり呼吸できるようになるまで練習です!

最後に、足にフィンをつけて実際に泳がせてみましょう。最初は様子を見ながら、手などで支えてあげながら泳がせてみるといいかもしれませんね。これも子供が慣れるまでゆっくり練習あるのみです。

こんな感じで、シュノーケリングを初めてみるといいと思いますが、ここまでの練習は必ず子供の足が届く深さで実践してください!思わぬ事故を防ぐためにもこれだけは守ってください。

また、子供は一度うまく出来るようになると調子に乗ってどんどん先に進みたがるんですが、保護者が段階をしっかり出来ているか見極めてから次のステップに進ませることが必要です。焦りは絶対に禁物です!!





水といっぱいたわむれようのトップへ
Copyright(c) 2005 divediver All Rights Reserved
SEO [PR] 転職支援 冷え対策 オリンピック 掲示板 レンタルサーバー SEO